SGDsの取り組み

令和3年度の取り組み

セブ島からのSOS

セブ島からのSOS 
12月16日にフィリピンを台風が直撃し、甚大な被害が出ています。 
しかしながら、メディアではあまり大きく取り上げられていません。 
修学旅行以来、箕面学園と交流のあるセブ島の方から、情報の拡散と支援の呼びかけの依頼があり、 
本校としても、少しでもお役に立ちたいと、情報の拡散をすることにいたしました。 

令和2年度の取り組み

温室効果ガス削減(CO2)への取り組み

温室効果ガス削減(CO2)への取り組み 
本校で発生したゴミについてリサイクルなどへ取り組んだ結果、以下の成果を挙げることができました。 
今後も宇宙船地球号の乗組員として、日本だけでなく、世界の人々と協力した「持続可能な開発」に取り組んでまいります。

セブ島への支援 オンライン講習会

現地の方に依頼し、オンラインでの講演会を実施することができました。 
今回の後援会では、セブのコロナの現状、社会的課題、SDGsにそった当団体の活動、寄付品とテント贈呈のお礼&報告を、代表の三浦さんとジェフさんからお話していただきました。 
 
生徒たちも自分達の行動が結んだ絆に、喜びを感じていたようです。
講演していただいた三浦さん、ジェフさんありがとうございました。 

記事の本文はこちらに掲載されています。 
国際ボランティア団体「go share」のホームページはこちら

セブ島への支援 生徒たちの手紙が届きました

本校の生徒たちが書いた手紙が、現地に届きました。 
生徒たちは自身の未来に向け、世界の未来に向け、自分に何ができるのかを考え、思いを文字にして現地の方に届けることができました。 
本校の生徒たちが卒業し、社会に出たときが楽しみです。 
  
記事の本文はこちらに掲載されています。 
国際ボランティア団体「go share」のホームページはこちら

セブ島への支援 寄付をした物品が届きました

皆さんからいただいた寄付品が現地へ到着しました。 
 
新型コロナウィルスの影響で物流がとまっていたため、時間がかかってしまったようです。 
到着した寄付品は、、離島や孤児院・スラムコミュニティなどに届けられるようです。 
協力していただいた皆様、ありがとうございました! 
  
記事の本文はこちらに掲載されています。 
国際ボランティア団体「go share」のホームページはこちら

セブ島への支援 離島の小学校に屋外テントの贈呈

修学旅行でお渡しした寄付金で、現地離島の小学校に屋外テントが設置されました! 
本校からは第2学年学年主任の辻村先生が現地離島へ行き、テントの設営に協力しました。 
 
現地学校の校長先生も、「イベントの時などに日射病にならなくて済むと」大変喜んでいただきました! 
 
記事の本文はこちらに掲載されています。 
国際ボランティア団体「go share」のホームページはこちら

令和元年度の取り組み

セブ島への支援 修学旅行後日報告

NGO go share様のフェイスブックにて、本校フィリピン支援プロジェクトの記事がUPされました。  

◆修学旅行 1日目
セブ島修学旅行の初日、無事に143名出発することができました。
現地時間19時には無事到着し、夕食を済ませ部屋にたどり着きました。
 
◆修学旅行 2日目
本日も快晴で気温は31度でした。
2日目の予定は午前中に観光(マゼランクロス、セントニーニョ教会、サンペドロ要塞)、ラディソンブルホテルで豪華な昼食をとりました(全員絶賛)。
午後からはシューマートでの自由研修、ドキドキしながら買い物を楽しんでいました。
夕食は有名なマリバゴグリルで舌鼓。
本日の予定、無事に終了しました。

◆修学旅行 3日目 
本日も快晴、最高気温31度の中のスタートです。 
腹痛が2.3名いるもののみんな元気です。3日目はアイランドホッピングという、ようやく海に行くことが出来、ヒルトゥガン島でシュノーケリング、ナルスワン島で昼食をとり、午後からはホテルに戻って各自自由に過ごしました。夕方からは素晴らしい会場でガーデンパーティ、その前に支援プロジェクトの贈呈式が行われ全員で「糸」を歌いプレゼントしました。 
代表の三浦さんは本当に喜んでくれました。 
支援金は生徒分含め、16万円の贈呈でした。明日は朝5:15の起床なので本日は早めに寝かせる予定です。 

◆修学旅行 4日目(最終日)
本日は5:15に起床、眠い目をこすりながら朝食会場へ。
6:20に空港へ出発。
全員無事に出国審査が終わり、フィリピンを発ちました。

14:20に関空へ到着。
楽しかった、ありがとうと言ってくれる生徒もいました。
無事に143名が帰国した事を、保護者の方に報告します。